グレーゾーン金利 デメリット

1.過払いが発生している可能性がある
2.過払い金請求には期限がある
3.過払い金が戻ってこない可能性がある

グレーゾーン金利が関わるデメリットだと思います。

*グレーゾーン金利の図
グレーゾーン金利
(©Wikipedia)

*グレーゾーン金利とは
利息制限法超え〜出資法未満の金利です。

*利息制限法に定める上限金利
元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%

*出資法
年29.2%が上限金利

1.過払いが発生している可能性がある
利息制限法を超えた金利分があるからです。

2.過払い金請求には期限がある
2017年頃までが請求期限です。
時効は10年間

・グレーゾーン金利の廃止
(2006年1月・最高裁の判決)

・利息制限法内に改訂
(2007年頃・各貸金業者)

3.過払い金が戻ってこない可能性がある
・期限切れ
・債権者(貸金業者など)が対応に応じない

ケースが出てくるからです。

取引履歴の開示」など、
債権者とやり取りをする場面が出てきますので、

1.自分で請求
2.依頼(司法書士、弁護士)

のどちらにせよ、
お早めの計算・請求・依頼=満額に近い返還金額
に繋がると思います。

借金いくら減る?匿名無料の診断

イージス法律事務所
弁護士がすぐに借金の督促をストップ
借金0円、金利0%になった実例公開中
相談は何度でも無料で納得いくまでOK
みつ葉司法書士事務所
弁護士事務所と共同経営ですぐに解決
30万円戻ってきた!実例を公開中
女性相談員もいるから安心

費用は30日間支払い不要で分割もOK&相談は何度でも無料

過払い金請求はこちら
調査と相談はすべて無料(自己負担0円)
業界最安値(追加費用も一切なし)
他社より早く返ってくる(約2〜3ヶ月)

任意整理・借金減額はこちら
追加費用(減額報酬)一切なしで安心
督促がなくなる(支払い専用部署あり)
過払い金がない方も借金が減らせる