過払い金 クレジットカード

1.キャッシング枠は発生している可能性が高い
2.請求期限は信販会社によって異なる
3.利用できなくなるリスクを避ける

クレジットカードの過払い金請求で注意していることです。

1.キャッシング枠は発生している可能性が高い
利息として認められている
・利息制限法を超えた金利(出資法以内)

という理由です。

・キャッシング枠=対象です。
利息として認められています。
(金銭消費貸借契約=利息制限法の対象)

・ショッピング枠=対象外です。
立替金(手数料)だからです。
(割賦販売法の対象)

*利息制限法に定める上限金利
元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%

*グレーゾーン金利
利息制限法超え〜出資法未満

*出資法
年29.2%が上限金利

2.請求期限は信販会社によって異なる
利息制限法内への改定時期が様々だからです。

・貸金業者は2007年頃に改訂

・2006年のグレーゾーン金利廃止を経て(最高裁判決)

3.利用できなくなるリスクを避ける
残債務がある場合、利用停止になる可能性もあるからです。
(任意整理扱いの履歴によって)

借金が請求後に残るかどうか
→いくら返ってくるのか?調査してもらう
→請求依頼をする(訴訟も見据えて)

と弁護士・司法書士への依頼が安心感が高いと思います。

借金いくら減る?匿名無料の診断

イージス法律事務所
弁護士がすぐに借金の督促をストップ
借金0円、金利0%になった実例公開中
相談は何度でも無料で納得いくまでOK
みつ葉司法書士事務所
弁護士事務所と共同経営ですぐに解決
30万円戻ってきた!実例を公開中
女性相談員もいるから安心

費用は30日間支払い不要で分割もOK&相談は何度でも無料

過払い金請求はこちら
調査と相談はすべて無料(自己負担0円)
業界最安値(追加費用も一切なし)
他社より早く返ってくる(約2〜3ヶ月)

任意整理・借金減額はこちら
追加費用(減額報酬)一切なしで安心
督促がなくなる(支払い専用部署あり)
過払い金がない方も借金が減らせる